先輩社員の声

小谷 尊彦

Q.事業の概要を教えてください。
(所属事業部、所属部署の事業内容や役割)

私の所属する部署では、当社の各工場で使われる生産設備に関わる仕事をしています。
主な内容としては、工場の生産ラインの設計や生産設備の設計・開発・改善です。品質の安定した製品を、生産コストを抑えて、作業者が安全に使用できるような設備を考えなければなりません。各事業部の生産技術部は、それぞれの事業部・工場の製品に関する設備の仕事に特化しているのに対し、私の部署では全工場の設備を対象に幅広く開発業務をおこなっています。
新しい設備の開発が多くありますので、実験機を設計・製作したり、加工の条件を設定し、その実験機でサンプルを作ったりもします。

Q.入社を決めた理由は?

子どもの頃からものづくりの現場を見ていたこともあり、学生の時には製品の生産設備を設計する仕事に就きたいと思うようになりました。そういった背景から、学生時代の研究内容との関連性や、業界や作っている製品にこだわらずに就職活動をおこなっていました。
当社については、ホームページや学内セミナーで設備を自社で設計・製作をしていることを知りました。当初の思いのとおり、自分で設計した設備で製品を製造したいとの気持ちから入社を決めました。

Q.現在のお仕事の内容を具体的に
教えてください。

他部署の人も加えたチームで、プリンタやOA機器で使われるウレタン製ベルトの製造ラインを構築する仕事に携わっています。ウレタン製ベルトを製造する工程の中でも、私はウレタンを固める架橋という工程の設備の担当をしています。実験機の仕様を考え設計し、必要によっては外注して設備を製作しています。
製造条件を決める際、ときには材料(ウレタン)の知識が必要になりますが、材料に詳しいメンバーが他部署からチームにきているため、相談することができます。
実験機がうまくいけば、量産機の製作に取り掛かり、工場への据え付けまで担当します。

Q.やりがいを感じたエピソードや
魅力を教えてください。

テスト装置の段階でしたが、初めて自分で設備の機構を一から考え、最後まで製作しました。実際にテスト装置が完成し、据え付けられると達成感が得られました。
また、そのテスト装置を用いて試作サンプルができたときは、非常にうれしかったです。当時は他の仕事も任されていたので、日々の仕事を無我夢中で取り組んでいました。その時は電気系統に関する知識が必要とされたので、詳しい先輩社員にアドバイスをもらいながら仕様を考えて製作していきました。

Q.社風や職場の雰囲気について教えてください。

仕事はチーム内で週一回、定期的にミーティングし、進捗を共有化しながらすすめています。また、部署のミーティングも月一回あり、チームだけでなく部署全体や各事業部の生産技術部とも協力しながら一丸となって課題に取り組めています。
部署にはその道のプロであるベテラン社員がおり、ミーティングの場で過去の失敗を踏まえたアドバイスをもらえます。プライベートでは釣りが好きなこともあり、会社の人や同期と遠方へ釣りに出かけたりしています。

Q.これからの目標は何ですか?

自分で構想して製作した設備で製品を量産し、販売することです。今までは量産につながるところまで担当していませんでしたが、現在取り組んでいるウレタン製ベルトの製造ラインを構築するという課題は、学生の時からの夢であった量産設備の構想・製作に直結するものです。
何としてもやり遂げたいと思っています。今後のキャリアに関しては、いずれ一度は事業部・工場で生産技術の仕事をし、安全面やラインの効率を直に学ぶことが必要だと感じています。
そして、当部署へもどってきてその知識を活かしていきたいと考えています。

Q.就職活動をしている学生の方へのメッセージ

当社は若いうちから設備開発等の大きな課題に取り組むことができます。また、私の部署では物性の違うさまざまな材料を扱った仕事ができ、色々な経験ができます。製品の生産設備の開発や生産コストの改善は難しいですが、生産設備に興味のある方にとっては非常にやりがいのある仕事ですし、独自に設備を開発している点は魅力に感じてもらえると思います。就職活動については、業界や分野にとらわれずに自分が何をしたいかを考えて会社を探してもよいと思います。
次の社員を見る