先輩社員の声

松居 美紀

Q.事業の概要を教えてください。
(所属事業部、所属部署の事業内容や役割)

私の所属している部署は、当社の主力製品で使われているゴムや樹脂とは異なる材料を用いた新製品の開発をおこなっています。将来の主力製品となるよう、新規顧客に向けて新しい分野の製品の開発・提案をしています。
その中でも私のグループでは、金属ナノ粒子を用いたプリンテッドエレクトロニクス(印刷技術を利用して電子回路やデバイスを作る)向けの製品を開発しています。

Q.入社を決めた理由は?

学生時代に学んだ化学の知識を活かした仕事に就きたいと思い、化学系メーカーを中心に就職活動を進めました。なじみのある関西からできるだけ離れたくなかったこともあり、R&Dセンターが神戸にある当社はかなり魅力的な候補の1つでした。学生時代の専攻とはかけ離れた世界になるので、戸惑いや不安も多かったのですが、面接での当時の社長の熱い人柄が忘れられず、ここで一緒に働いてみたいと思い、最終的に入社を決めました。

Q.現在のお仕事の内容を具体的に
教えてください。

金属ナノ粒子を用いた接合材料の開発に携わっています。ナノ粒子の合成や材料配合の検討から、製品の評価まで広く行います。材料検討は、大学の研究室のような実験室で、ビーカーサイズで行うことが多いです。当社の中では新しい分野の製品なので社内での技術蓄積が比較的少なく、製品の評価方法の規格がわからないなど苦労する点も多いです。
しかし、社内での標準ルールを自分たちで設定したりよりよい実験方法を考えたり、今後の基礎となる部分に携わることができているので、苦労する分やりがいも大きいと感じています。

Q.やりがいを感じたエピソードや
魅力を教えてください。

入社後に配属されてからずっと携わっている、金属ナノ粒子を用いた導電性インクや接合材料に関する製品のプレスリリースに立ち会わせていただいたことがとても貴重な経験となりました。
部署の代表として出席する責任感は重く、また、ほんの一部でしたが記者の方の前で説明することもあったのでとても緊張しましたが、自分の関わった製品が外部発表されるまでに至ったことに大きな達成感を感じました。

Q.社風や職場の雰囲気について教えてください。

周りには穏やかな人が多く、上司にも話しかけやすいため、とても過ごしやすい雰囲気だと思います。もちろん、指導や注意はきちんとしてくださるので、全くの放任主義といった感じではありません。
また、事務所スペースには1つのフロアにいくつかの部署が配置されているため、部署を超えたつきあいもたくさんあります。
研修制度が充実していたり、技術系だけの専門教育があったりと、成長する環境を整えてもらえており、人を大事にすることが当社の社風の1つに挙げられると思います。

Q.これからの目標は何ですか?

現在携わっている課題である顧客から提示された品質要求を達成することが第一の目標です。将来的には、自分の関わった製品が量産につながり、身の回りの電子製品等に使われるようになってほしいです。
個人としては、尊敬する先輩方のように専門分野にとらわれない幅広い知識と視野の広い考え方を身につけ、さらに飛躍していければと思います。
今はまだ周りの方に助けてもらってばかりですが、私の経験や知識が誰かの役に立つように日々精進していきます。

Q.就職活動をしている学生の方へのメッセージ

採用の際には技術系では機械系・電気系・化学系とざっくり分けられていると思います。しかし、いざ仕事になれば、ときには自分の出身分野に関わらず未知の分野にも挑戦しなければなりません。そういった時に自分で学ぶことも大事ですが、限られた時間の中で多くの仕事をこなすには、周りの助けがどうしても必要となります。困ったときに助け合える空気が当社にはあり、私も日々周りの方々に支えられていることを感じています。また、若手の頃から活躍できる場を与えてくれる点も魅力の1つだと思います。
次の社員を見る